山野建設の強み

山野建設の所有技術を紹介させていただきます。

推進工

推進工法とは、発進立坑から到達立坑へ向けて、管の先端部に掘進機を装着し、この掘進機内のターゲットをレーザートランシット等で管理しながら、精度良く、埋設管を布設する工法の総称です。
弊社では、ヒューム管を推進する高耐荷力方式(泥水・泥土圧方式等)、塩ビ管を推進する低耐荷力方式(圧入、オーガ等)、および鋼製サヤ管方式etc、多種多様の推進工法に対応できます。
また、仮設備の円形小型立坑をはじめ、補助工法であるウェルポイント工法、薬液注入工法も併せて施工できます。
  • DRM工法

  • エース
    モール工法

薬液注入工

薬液注入工法とは、主として砂質系地盤において、土粒子の間隙を埋める水を追い出し、その代わりに固化する注入材料(薬液)が浸透することで地盤の透水性を低下させ、地盤に粘着力を付与して一体化したサンドゲルを形成させる工法です。
弊社では、二重管ストレーナ工法を主体に、多種多様な用途に対応しています。

小型立坑

小型立坑構築工法とは、揺動圧入方式、全周回転方式等により推進工事用の発進・到達立坑、マンホール築造用の立坑を築造する工法です。
弊社では、揺動圧入機を使用するPIT工法、全周回転機を使用するアート工法、立坑構築と小口径推進を組み合わせたエルモール工法に対応しています。
  • DRM工法

  • エース
    モール工法